はじめに

アマチュア・ミュージシャンが集まり小松島を音楽で活性化しようと2月、4月、7月、10月の年4回定期的にライブを行っています。

その他、毎月一回道の駅でフリーライブもしています。
 
ライブはとても楽しいし、とても勉強になります。しかし、手軽に出演できるライブはあまり見当たりません。自分たちで始めるには大変です。
若い人達は路上でライブをしたり、スタジオなどで一生懸命練習していますが、人前で演奏するチャンスは余りありません。そんな若い人たちに「ライブを手軽に楽しんでもらおう」と言う思いもあります。最近は年輩の方も音楽教室に通い練習をしている人も多いようです。おじさんから若者まで、色んな人の、色んな音楽に触れてお互いに影響を受けたら良いと思います。
 
 ミュージックパークという名前について、ステーションパークでストリートライブをしていると、いろんな人が、いろんな楽しみで公園に来ています。木陰で休む人、散歩を楽しむ人、子供を砂場や滑り台で遊ばせている親子、ローラスケートやバトミントン、テニスにドッジボール、またはキャッチボールをする学生、年配の方は将棋を楽しんだり、子供からお年寄りまで同じ公園で楽しんでいます。
 ライブでは若者によるロックのライブ、アコースティックなフォークライブ、ちょっと洒落たジャズライブ、というようにジャンルで分かれています。小松島ミュージックパークでは、ジャンルや年齢に関係なくいろんな人が集まり楽しめるライブになればと思っています。ただ、ライブとしてまとまりが無くなったり、ジャンルの違いにミュージシャンが演奏しにくいという懸念はありますが、ジャンルの違うミュージシャンが交流を持てる場所って少ないでしょう。小松島ミュージックパークがそんな場所になれたら本当のミュージックパークと言えるでしょう。
 
最後に、身近に音楽が好きな人は沢山います。ライブを通じて交流が広がっていく事も願っています。私一人では何もできません、でもみんなが手を合わせて素敵なライブにしたいと思います。
 
政治、宗教や特定の企業、団体などと利害関係はなく、ミュージシャンが中心となってボランティアで活動しています。